検索
  • oishi mai

ある気づき

今週は数回、個人的に独居の高齢者を病院に送迎しています。

先日救急車で運ばれたと偶然電話で知り、その体調で隣市町の病院へ自転車で行く🚲と言うので、全力で止めました。

タクシーもお金がかかりますよね。


何度も送るからと話して、やっとそうしてくれる?という話に。人に頼らないで、ギリギリまで自分で何とかする。自己責任の雰囲気が蔓延している気がします。


だいたいこのくらいと言われた時間に病院へ迎えに行き、15分ほど待ちました。出てきたので、ここだよと車からおりて近づくと、開口一番怒った口調で


「予約してたのに、30分も待たされたんだよ!うんぬんかんぬん。

もう今日は簡単な治療でいいって言って、来月2回予約とったよ。30分も待たされてさぁ!」


来月の通院が不安なのかな?と思い、また送迎しましょうかと言うも、それは大丈夫とのこと。

会うといろんな不満をよく口にする人だから、今回もそうかなぁくらいに思って、自宅へ送り届けて別れました。


翌日、家事をしながら昨日のことを思い出していたら、あっ!と思い当たりました。


あの人はきっと、私が迎えに来る時間に間に合わないと思ったから、焦ってたんだ。

待たされたことに怒ってるだけだったら、簡単な治療だけで済ますはずがないもの。

時間を守ろうと思って、わざわざ来月の通院を2回にして。待たしたはずの私を見て、申し訳ないと思って開口一番、30分待たされた、って言ったんだ!と。


怒った口調だったし、待たしてごめんねとか直接的な言葉がなかったから、気づかなかったんです。


あぁ、あの人は不器用な人なんだなぁ。

でもちゃんと約束を守りたいという気持ちを、行動で示していたんだなぁ。

私もちゃんと受け取らなきゃいけなかったなぁ。


そんな気持ちになった朝でした。


性格や言い方は本当に人それぞれで、分かりづらい表現や、多くの人に受け入れられ難い言い方をする人もいるけれど、

表面上の見え方だけじゃなくて、その人のことをよく知って、歩み寄ったり理解しようとすることが大事だなと教わりました。まだまだ未熟です。


多様性って奥が深いなぁと、最近ほんとに思います。


閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示
トップに戻る