検索
  • oishi mai

"生理の貧困"問題について

月に一度?の、気が重いイベント。生理。


年をとるごとに生理痛がひどくなって、

前の職場では、急な痛みで2回くらい倒れて運ばれたなぁ😭


今回は吐き気。年をとると症状が変わっていくんだろうか??

症状によって対応を変えなきゃいけないし、こりゃまた気が重い😭😭



『生理の貧困』という言葉がメディアを賑わすようになって、

タブーとされていた話題が語られるようになったこと、とても大きな前進だと感じる。


6月議会では同僚の先輩女性議員が、生理の貧困について取り上げて、学校トイレへの常備を提案していた。

山北町の議会でも女性議員が取り上げていて、傍聴に行かせてもらった。

どちらも、とても興味深いやり取りだった。


回答として共通していたのは、

・保健室には常備してあること。

・相談しやすい環境で受け取ることで、養護教諭と話ができること。

・衛生面での心配と、自分の持ち物を管理する習慣をつけさせたいので、トイレには置かないこと。

・トイレには保健室に置いてある旨を、張り紙すること。


二つの自治体で回答の共通点が多かったのも、興味深かった。



女性にとっては、誰でも避けて通れない生理。

トイレットペーパーのように、置いてあるのが当たり前にしていきたいと思う。


貧困問題だけでなく、女性の人権保障という面からも、性教育という面からも、さらに発展していくといいなぁ。


写真は綾瀬市の共産党市会議員、上田ひろゆきさんより🍀


綾瀬市はトイレの個室への常備を、各学校の養護教諭に呼びかけたそう。


一緒に考えましょう。素敵ですね✨

トイレに配置しながら、相談へつなげることも、やり方によっては十分可能なんだなと思います😊


衛生面での心配も、直置きのトイレットペーパー🧻を考えれば、ケースに入れれば十分対応可能なのでは💡


皆さんは、どう思いますか??



8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

明日、ワクチン第二回予約受付日です

💡明日9時から・第二回💡 💉65歳以上のワクチン接種、予約受付です💉 大井町公式LINEで、追加の集団接種日(土曜日)が決まったと発表が🙌 午前・午後で504人が接種できるので、スピードがぐっと上がります! まだホームページにはアップされてないので、こちらにコピペします👇 🍀🍀🍀🍀🍀🍀 ○ 現状の実施日程 ・毎週水曜日と木曜日(午後)、毎週日曜日(午前・午後) 会場:大井町

トップに戻る