検索
  • oishi mai

🍀町づくりの仕事に、挑戦します🍀

優柔不断で、学校を辞めるときも1年以上悩んだ私が、やっと決めた次のステージです。

毎日毎日、ハゲそうなほど悩んで(リアルにちょっとハゲたかも)、

"なんで共産党??"って声は身内からもあがったし(私の親族に共産党員はいないので)、

自分自身がそこに身を投じる決意もなかなかできず、

年を越すまで、ずーーーっっとうじうじ悩んでました😅

でもやっぱり、私は自分が心から納得できる生き方を選びたかった。

自分が本当にやりたいことは、

平和で持続可能な社会・地域を子どもたちに手渡すために、

誰1人取り残されない社会を実現するために、

他者のため・地域のために、

草の根で泥だらけになりながら、自分ができることを行動し続けることだと思いました。

私は、政治の力を信じているし、そこに社会を変える力が必ずあると思ってる。

だから、自分の気持ちに嘘はつかずに、思い切ってえいやっ!と飛び込むことにしました。

正直むちゃくちゃ大変だし、

想定外のこととか、将来の暮らしの不安まで、悩みは尽きません。

でも、なんだかんだで楽しいです。

思い切って振り切ったことで、精神的に自由になったんだと思います。

地域は、いろんな人の力で成り立っています。

町民の力が活きるような、

みんなが参加して、違いがあっても誠実な対話と行動で乗り越えられるような、

お互いに支えあえるような、

そんな町づくりがしたいと思います。

私の決断を、なんの偏見もなく応援してくれた夫、そして夫と私の家族に感謝🍀

仕事の合間にリーフをデザインしてくれた姉をはじめ、

支えてくれるたくさんの人にも感謝して、

毎日走ります!

次回はなぜ共産党を選んだか書きます🙌


41回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

明日から12月定例会です

明日から12月定例会が始まります。 私の一般質問は、3日(金)9時50分からです! 今回は不妊治療助成についてと、 産前産後サポート、産後ケアについて取り上げます🍀 当事者として、いま気づくことを中心にまとめました。 神奈川県は、出産にかかる費用の平均が全国で2番目に高いのに、妊婦検診の助成額の自治体平均額は全国最下位。 とにかく産むのにお金がかかります💦 上病院の産科が閉じていることで、産む

トップに戻る