検索
  • oishi mai

私の保育園問題

議員という職業に専念すると、保育園に入れない?!〜ドキッとした(今もしている)お話〜


久々の投稿です。SNSでは投稿してたのですが、ここには投稿できず💦


今回は、私の保育園問題。


議員という職業は、独特です🤔

会社のように、毎日決められた時間に出席するわけではありません。


わかりやすく分けると

🍀議会内🍀の仕事と

🍀議会外🍀の仕事、2つあります。


議会内での仕事は、

委員会・各種会議・定例会など、招集されて役場内の議場や会議室で行われます。年に2回ほどの町内の視察や、年1回ほどは町外への視察もあります。


議会外での仕事は、

町の各種活動や行事への参加、町民からの相談にのったり、自分の議会報告を作って配布したり、議会に向けた学習・調査、各種事務仕事、各地への視察や学習、党に所属する場合は党活動など。


どちらが大切ということではなく、

この2つがきちんと噛み合って、議員としての仕事が豊かになるし、自分自身も議員として成長できると思います💡


議会外での仕事は、多岐に渡ります。

私自身、週休2日取れる時もあれば、完全に休みの日がない週もあったりします。


🍀ここからが本題🍀

特に地方議員だと、議会の会期が短かかったりして、純粋に"議会内"の仕事の時間だけだと、月ごとにバラつきがでます。


私は2月に出産予定ですが、子どもが産まれたら保育園に入れることを、選択肢の一つとして考えていました。


と思ったら!

"議会内の活動だけだと、申請基準である1月の労働時間に届かない。その他の活動は、証明してもらう必要がある。党に証明をつくってもらえるか、確認してみてください。"

という説明を受けたんです😱😱


"もし証明を出せなければ、申請すらできないということでしょうか??"

"そうですね、、、。でもこういうケースは初めてなので、他の大きい市町とか、問い合わせてみます。"


ざっくりこういうやり取りでした。

担当課の方も、初めてのケースで戸惑っているようでした。


でも思い出してほしいのは、議員には議会外でも、多岐に渡る仕事があるということ。党活動に限らないのです。


万が一党から証明が出なくても、その他の活動も合わせて申請はさせてほしいし、何か方法があるはずと、いろいろ聞いたり調べたりしました。


結果として先日、担当の子育て健康課に2回目の訪問をして、

無事に申請できることになりました🙌✨


個人事業主や自営業と同じ書類の形式にしてもらって、

就労証明書ではなく、活動証明を出せば良いということに。


本当にホッとしました。


と同時に

これじゃ女性議員は増えないよなあ、、、と、つくづく感じています。


保育の受け皿が圧倒的に少ない。


そうすると、保育園に入るためには、選ぶ側が優先順位をつけなきゃいけない。


結果、保育園が"働いていることがきちんと証明できる"職業の人のための場=預け先、

となってしまう。

(病気や介護の場合など、考慮してもらえる条件は他にもあるけれど。)


海外では、子どもが集団で育つ場として、そして保護者の健康面もケアする場として、子どもを保育する場をつくろうと、

預けたい保護者は誰でも、当たり前のように預けることができる国もあります。


子どもを保育の場で育てたい思ったときに、

優先順位をつけることなく、誰もが安心して任せられるようになってほしいと思います。

これは大きな問題なので、国の問題になるけれど。


だから選挙は大切!!


そういうわけで、

保育園の申請書類を作るのに、担当課との相談の日々は続きそうです。


私に今できることは、

この町で子育て世代の女性が議員になりたいと思ったときに、安心して子どもを育てながら働ける、と思ってもらえるように

この町の制度を切り拓いていくことかな。


近隣でも初めてのケースらしいので、

よい手本になれるように、頑張ろう🙌

14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

明日から12月定例会です

明日から12月定例会が始まります。 私の一般質問は、3日(金)9時50分からです! 今回は不妊治療助成についてと、 産前産後サポート、産後ケアについて取り上げます🍀 当事者として、いま気づくことを中心にまとめました。 神奈川県は、出産にかかる費用の平均が全国で2番目に高いのに、妊婦検診の助成額の自治体平均額は全国最下位。 とにかく産むのにお金がかかります💦 上病院の産科が閉じていることで、産む

トップに戻る