検索
  • oishi mai

要望書を提出しました

🍀小田町長へ要望書を提出🍀


第三次地方創生臨時交付金(コロナ禍により、国から町へおりてくるお金)の使い方について、要望書を提出しました。

お忙しい中、30分ほど懇談できました😃


今回は特に、介護現場・医療現場を中心に要望しました。

町内の介護施設4ヶ所と医療機関3ヶ所に聞き取りを行い、現場の声やお困りごとに沿った要望書をつくろうと心がけました。


この2つの現場は、特に

「休みたくても簡単に閉められない」

「仕事の性質上、感染するリスクと感染者が出た後のリスクが非常に高い」

という点が共通しています。現場の危機感やストレスも、非常に高かったです。


現実、全国的に現場でクラスターが発生しているし、だからこそ神奈川県も定期的なPCR検査に踏み込んだのだと思います。

県の方針を補完する意味でも、町独自の支援や検査に踏み切ってほしいと、強く思います。


高齢者はワクチンが摂取できるから、検査はそれほど必要ないのではないか?という声もありますが、

現場の危機感と乖離があるように思います。


ワクチンは全員が打つわけではないし、変異種も出てきている中、100%感染予防ができる確証はありません。インフルエンザのワクチンだって、摂取してもかかる人がいる。

県のPCR検査実施にあわせて、町独自の支援に踏み切ってほしいと思っています。


パルスオキシメーター(血中酸素測定器)の町としての購入も要望しました💡

現在40歳未満の自宅療養者には、県からのパルスオキシメーター貸し出しはありません。もし自分の子どもが陽性になって自宅待機になったら、軽症でもパルスオキシメーターを持っておきたいんじゃないかなぁ、と🤔


他にもいろいろ、13項目要望しました。


全てが実現できなくとも、少なくとも現場の声を届けたかったし、こういう支援もあり得るのだなと、検討材料にしてもらうことを望みます🙇‍♀️


一般質問は、この要望書とリンクした内容で行います。


3月2日からの議会、ぜひ傍聴にお越し下さい🙌



20回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

明日から12月定例会です

明日から12月定例会が始まります。 私の一般質問は、3日(金)9時50分からです! 今回は不妊治療助成についてと、 産前産後サポート、産後ケアについて取り上げます🍀 当事者として、いま気づくことを中心にまとめました。 神奈川県は、出産にかかる費用の平均が全国で2番目に高いのに、妊婦検診の助成額の自治体平均額は全国最下位。 とにかく産むのにお金がかかります💦 上病院の産科が閉じていることで、産む

トップに戻る