検索
  • oishi mai

Yさんを偲んで

今年は、1人で会計のまとめをしている。


いつもは松田町のYさんと待ち合わせて、帰りに送り届けていたのだけれど。


今年も一緒に、ケーキ食べたかったな。


会うたびに聞いたのは、戦争の話だった。

食べ物も物もなかった時代に、どれだけ苦労したか。自分はまだ良かった、疎開してきた子たちはうんと可哀想だった、と何度も口にしていた。


今でももったいなくて、物が捨てられないのよ。息子にはうんと怒られちゃうわ、と笑っていた。

喫茶店では、飲みたくなければお水すら断るような人だった。


子どもたちのために考えてみてほしい、どうか署名をしてくれないか、

と相手にまっすぐに伝える姿勢、とても真似できない姿だった。


70を過ぎてからが私の青春!と、

映画や講演会、憲法カフェやデモに最後まで参加されていた姿から、たくさんのことを学んだ気がする。


自分の生き方は自分で選ぶこと。

人はいくつになっても学び続けられること。

相手を思いやること。

決して驕らず、謙虚であること。

平和な社会をつくるのは、私たち一人ひとりの選択と行動であること。


先週は、いただいたきゃらぶきと、Yさん手作りの梅干しを食べて議会に向かった。

梅干しはYさんそのもののように小ぶりで、しっかりと優しい塩味がする。


緊張した6月議会も、Yさんのおかげで乗り越えられたなぁ。


Yさん、ありがとうございました。





閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示
トップに戻る